--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ランキング」「ツイート」「いいね!」応援お願いします♪

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ  

ビッグマック指数

2010年11月11日

こんにちわ、ししょーです。

情報流出のニュースが騒がれていますね。

同じ事件でも、報道番組が違うと

表現がまったく異なるのですね。

一部の報道だけ見て、

物事を判断するのは

怖いことだと思いました。

以前、こちらの記事で

経済指標という情報の考え方について

少し書きましたが、

今日はちょっと変わった視点で

通貨の価値が簡単に分かる

面白い指数を紹介しようと思います。

みなさんはビッグマック指数というのをご存知ですか?

世界120カ国以上で販売されている、

マクドナルドのビッグマックの価格を比較し、

どこで買っても同じ値段になるように

各国の為替レートを計算した

ビックマック指数をいうものをあるそうです。

これは、イギリスの経済専門誌「エコノミスト」によって考案された指数で、

「通貨の価格は、それが購入できるモノとサービスの量を反映するべきだ。」

とする購買力平価の考え方に基づいているそうです。

なぜビッグマックが選ばれたのかというと、

ビッグマックは全世界でほぼ同一品質のものが販売され、

原材料費や賃金、諸経費などさまざまな要因によって価格が決まるため、

総合的な購買力を比較するのに使いやすかったということです。

たとえば、2010年7月に「エコノミスト」誌が発表した資料によると、

日本ではビッグマックが1個あたり320円、アメリカでは3.73ドル。

これを用いると、ビッグマック指数は320÷3.73で

1ドルあたり85.79円という計算ができます

当時の為替レートは1ドルあたり85.55円でした。

これは面白いと思いませんか?

ただし、この指数はビックマックに限定した簡単な方法で

厳密な比較はできないため、

言うまでもなくあまり信用しすぎるのは危険ですよ。

自国の通貨が適切に評価されているのか判断するための

ちょっと面白い指数の紹介でした。

==== 11/11 Check Point ====

08:50 (日)9月機械受注(前月比)

08:50 (日)10月国内企業物価指数(前年比)

09:30 (豪)10月新規雇用者数(前月比)

09:30 (豪)10月失業率

11:00 (中)10月CPI(前年比)

11:00 (中)10月PPI(前年比)

11:00 (中)10月小売売上高(前年比)

11:00 (中)10月鉱工業生産(前年比)

11:00 (中)10月固定資産投資(前年比)

18:00 (欧)ECB月報公表

19:15 (欧)シュタルクECB専務理事講演

20:00 (南阿)9月製造業生産(前年比)

26:00 (欧)メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁講演

「ランキング」「ツイート」「いいね!」応援お願いします♪

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ  


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://pomodoro5.blog119.fc2.com/tb.php/108-90db4a48
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。